オンカジもやり過ぎ注意!視力に与える負の影響とは?

現代を生きる私たちは、ほぼ一日中パソコンやスマホを見ながら過ごしているという人が多いのではないでしょうか?仕事でパソコンやスマホを使用する人はどうしようも出来ないので仕方がないですが、仕事が終わってからもスマホやパソコンでゲームやオンラインカジノを長時間プレイするという人もたくさんいることでしょう。しかし実は、これらの電子機器が視力に与える影響は結構深刻なのです。一体どんな病気を引き起こす可能性があるのかを知っておく事は予防策にも繋がるので、今回の記事で詳しくみていきましょう。

“柔らかい光と冷たい光”の違いを知ろう

なんとなく文字から想像するに柔らかい光、(または暖かい光とも呼ばれる)の方が冷たい光よりも視力に影響を与えないということは想像できますよね。では、ブルーライトとしても知られる冷たい光は、一体どのように視力に影響を与えているのでしょうか?

コントラスト

コントラストが視力にどれだけ影響を与えているのかを理解することはとても重要です。ブルーライトを一日中観察しても、そこまで視力に大きな影響を与えない最大の理由は、コントラストが極めて低いからだと言われています。

ただし、これは太陽光の出ている日中に限った話。つまり夜間はライトの設定を暖色系に変更することで目にかかる負担を軽減する効果があると言う事です。

明るさ

不必要な眼精疲労を避けるためにも、特に周囲が暗いときには、画面の明るさの調整をすることをおすすめ致します。出来るだけ画面は暗くした方が良いです。最初は見えにくくても、すぐに目は慣れるので心配する必要はありません。

 20秒ルール

目の疲れを軽減する為に簡単で有効な方法があります。それは20秒ルールと呼ばれる物です。例えば、20分間画面を見つめ続けたら、20秒間は少し遠く離れた目標物を見つめ続けると言う方法です。3メートルくらいが効果的だと言われています。そうする事で、目の筋肉を休める事が出来て、オンラインカジノにもより集中出来ますよ。

眼精疲労って重大な問題?

基本的には眼精疲労はそれほど大きな問題では無いと言われています。目が少し乾いたり、眠気が来たりといった症状が出る事もあるのですが、今の電子機器は昔と比べるとかなり目に優しい光が使われる様になっており、そんなに神経質に捉える必要はありませんのでご心配無く!

どうしても心配な方や、実際に目の疲れを感じる事が増えれば専用のブルーライトカットのメガネも販売されているのでそれを使うのもありかも知れませんね!化学的な効果は証明されていないらしいですが、実際に使った事がある身としては効果があるような気がするので、お勧めです。